#02(2005.4.13放送) 2/3

水曜WANTED! 第2回(2005年4月13日27:00~29:00) その2

目次

縮尺の魔法
プロレス
ブリちゃん仕様のつけチクビ
五能線
企画会議みたいだな
マルシア
黎明期の略称
アニメ・ゲームの話



(小さい色男の続き)
菊地:加山雄三ってでかいの?
大谷:でかいですよ
菊地:あ、でかいんだ
大谷:いや、あの…間近で見るとね
菊地:あ、間近で見るとね。『間近で見ると』っていうのあるよね
大谷:間近で見るとさ、ちっちゃいな~って思ってた人が意外とでかいっていう
菊地:そう、あのさ、プリンスとか結構さ、
大谷:プリンスは本当にちっちゃいんだよね
菊地:本当にちっちゃいんだよね。「『小さい』『小さい』って言ってるけどそうでもないんじゃない?ハーレーに乗ってこんなにあるんだから」――って近づいていくとハーレーがちっちゃいっていう
二人:(笑)
大谷:48分の1ぐらいの
菊地:そうそう。あとコーネリアスの小山田さんとかさ、「顔がもうこんなにちっちゃい、もう王子様、顔がこんなに――ちいちゃくない」っていうさ
二人:わはははは!
菊地:そばまで行くと結構でかいんだよね(笑)
大谷:意外とがっしり
菊地:意外とがっちりしてんだよね
大谷:そういう人もいますよね
菊地:そうそう、そういう人もいるから、意外にそばに行くまで分かんないっていうことでね
大谷:多分、でもラルクのハイドはちっちゃいと思いますよ
菊地:あの人は小さいでしょう
大谷:周りがさ、こう縮尺を変えてたら面白いね(笑)
菊地:面白いね
大谷:ギターとかすっごいでかかったりして
菊地:爆笑問題の太田がさ、大きく見えんだよ
大谷:わはははは!
菊地:あんま大きくないんだけどね
大谷:田中がちっちゃいんでしょ(笑)横にタバコ置かないとわかんないとかそういう
菊地:ホントにさ、縮尺の魔法ってありますね。音量の魔法があるようにね。
大谷:ありますね
菊地:ボサノヴァ聴くと異様に小さいと思ってる人いるけど、そうでもない
大谷:結構でかいっていう
菊地:ああいう、頭の中で大きくなったり小さくなったりね
大谷:ポールデズモント音ちっちゃいなと思ってたら意外と名まで見るとものすごい音が大きかったという
菊地:轟音だと思ってたものが意外と小さかったりとかね
大谷:オフサイトの音楽とかは実は轟音ですから、あれ
菊地:(笑)もう、オフサイトまで話が出てますね



菊地:ラジオネーム:オカンで試す
二人:(笑)
菊地:15歳、新潟県

はじめまして!先週から聴き始めたのですが、二人のトークもものすごく面白いし、めちゃくちゃ音楽に詳しいのでびっくりです。もっと早くこの番組に気づいていたらと思うと、とても残念です

大谷:(笑)

二人は本当にプロレスラーなんですか?

二人:わはははは!
大谷:面白いな(笑)
菊地:誰がそんなこと…事実無根も甚だしいよね
大谷:NO FEAR!
菊地:あ、ノーフィアーとか知ってんの、大谷君?
大谷:知ってますよ
菊地:あ、本当。プロレス見ます?
大谷:プロレスはね、えっとね、鶴田がいた頃まで見てました
菊地:(笑)故人じゃない。亡くなってますよ。フィリピンで肝臓移植の手術で
大谷:一番強かったと思うね。ダイナマイトキッドがやってることは見てたね
菊地:80年代じゃないですか


ブリちゃん仕様のつけチクビはどこで売ってるの?

菊地:キヨスクで売ってますよね
大谷:(笑)ドンキで売ってますね
菊地:ドンキでは何でも売ってますからね。資本主義下の商品は全てドンキホーテで売ってますけど、キヨスクはその中でもチョイスしてますからね。売ってますよ
大谷:(笑)
菊地:あのー、意味不明なアンパンの隣に売ってますね
大谷:わはははは!「ブリちゃん」って書いてあって
二人:(笑)
大谷:あんな狭いスペースに。サラリーマンが間違って買ったりしてね(笑)
菊地:サラリーマンがさ、こう寝ぼけて買っちゃうんだ、「んあぁ~?」ってして。「それと、ゆで卵と、アンパンと、それ」って言って、「それ」って東スポを指してるんだけど、つけチクビが来たりして。「おっ……」…付けたり
二人:(笑)
菊地:あれさ、千個ぐらいつけてさ、体中にびっしりつけたら、きそうな気がしますね
大谷:何が(笑)
菊地:いやいや、よく分かんない(笑)



菊地:それでは、今週のですね、う~ん、どれ行こうかな
大谷:えーっと、これ行きましょうよ
菊地:何せ旅がテーマですからね
大谷:そうですね。8位に入ってますね
菊地:はい。水森かおりさんの「五能線」って言っても知らない方も多かれと思いますが、って「知らない方も多かれ」なんて言っちゃいけないんだね。何せだって、8位なんだから
大谷:水森かおりさんの「五能線」、まぁとりあえず曲聴きましょうか
菊地:そうね、「誰だ?」って人もいらっしゃると思いますが、聴けばどういう方かはすぐ分かる。水森かおりさんで、今週の第8位、「五能線」です

五能線/水森かおり

菊地:はい、水森かおりさんで「五能線」。えぇ、お聴きの通りね、イントロ聴いただけでね、どんなジャンルか分かる。えー、ダンスホールレゲエですね
大谷:わはははは!そうですね。テイチクグランドオーケストラの
菊地:これさぁ
大谷:テイチクじゃないの?
菊地:いや、テイチクだよテイチクテイチク
大谷:徳間ジャパンかな?
菊地:この演奏力はテイチクグランドオーケストラでしょ。テイチクってさ、帝都蓄音ってことだよ?
大谷:そうですね
菊地:すごいですよね、うん。あのー、2・26事件を思い出す名前ですよね、「帝都蓄音」
大谷:(笑)五能線、うん。
菊地:これはさ、僕は本当に日本地理に弱いんですよ。で、五能線っていうのを見てもね、これはね、何も知らないということでお許しいただきたいんですけど、「能」っていう字と「線」っていう字でね、つい何となく、危険なあの…
大谷:(笑)
菊地:使っちゃいけない兵器を思い浮かべるほどね、知らなかったんですけど
大谷:僕は前立腺っていうのを思い出しましたけどね
菊地:わはははは!これは違う、電車なんですよね
大谷:電車ですよ。秋田から青森へと結ぶラインですね
菊地:はいはい
大谷:えーっと、なんだろう…能代?そうだね、能が能代で、多分五は五所川原
菊地:わはははは!ごめんなさい、分かりません
大谷:これはね、分かんない?青森出だからさ
菊地:あ、さすが!寺山修司と一緒ですか?
大谷:寺山修司と一緒。で、太宰治と一緒
菊地:太宰治と一緒ですね
大谷:えーとね、違うかもしれないよ(笑)
菊地:寺山修司ね(笑)わかんないけどね、適当なこと言ってる
大谷:しかもね、能代じゃないかもしんないよ(笑)
菊地:あぁ、なるほどね。五所川原?
大谷:ごーしょがわら?五反田?
菊地:ご…なんですか?五本木ですか?
大谷:五戸?
菊地:なんかその、つないでるわけですね
大谷:能代から五戸をつなぐライン…あそうか、無理だな。それだと八甲田往復…(笑)
菊地:うわぁ、全然分かんない、ごめん、本当にお手上げだ
大谷:分かんない?あのね、青森に八甲田山というのがありまして
菊地:知ってますよ
大谷:知ってますか
菊地:知ってますよ。天は我々を見放したでしょ?
大谷:(笑)
菊地:皆が角川映画だと思ったら東映映画だった八甲田山
大谷:(笑)原作はなんだ新田次郎か、違うか
菊地:70年代の日本じゃないですか。新田次郎ね、それは南極物語じゃない
大谷:あははははは!
菊地:このさ、この話してる間にずっと五能線がかかってるのが嬉しいね。「かかってるの嬉しい」って俺がかけてんだけど。ちょっとさ、演歌でスクラッチしてみようか

(キュルキュル)

菊地:あはは、だめだ
大谷:テンポ速くしてみようよ
菊地:テンポ速くしてみようか

五能線/水森かおり(高速バージョン)

菊地:そんなにでも雰囲気変わんないね。遅くしてみようか

五能線/水森かおり(低速バージョン)

(回転を遅くしすぎて停止)

菊地:あ、止まっちゃった
大谷:わはははは!

五能線/水森かおり(低速バージョン)

(歌)に~ほ~んか~いぃいぃいぃいぃいぃ~

大谷:おぉ。ゆれるね
菊地:あの、演歌の人って、3度ビブラート5度ビブラートっていう練習の仕方があってね、で、ドミドミドミドミってのとさ、ドソドソドソってのを徹底的にやるの。で下手な人は4度ビブラートがかかっちゃうと
大谷:わはははは!
菊地:師匠に棒で叩かれんだよ、バーン!って
大谷:バシーッ!
菊地:そうそう。怖い世界ですねぇ
大谷:4度だと終わんないもんね、曲がね、サスペンドしちゃう
菊地:4度だと終わんない。4度だとサスペンドして教会を思い出してアーメンてのを思い出しちゃうから1度5度で行くんですけど。へぇ~、詳しいね。さすが青森出身ですね




菊地:はい、え~、WANTEDです
大谷:水曜ウォンテッド。
菊地:ね。緊張感
大谷:高まりまくっております
菊地:痛痒感
大谷:わはははは!
菊地:鈍痛感、憂鬱感
大谷:爽快感丸出し
菊地:いろんな感高まる
大谷:残尿感
菊地:(笑)残尿感ね
大谷:鼻でね
菊地:鼻でね。鼻による残尿感。鼻だけど残尿感。鼻だから!こそ!残尿感、みたいな
大谷:ラップみたくなってきたぞ(笑)
菊地:だんだんライブになってきたね
大谷:うん、Yeah!
菊地:俺たち鼻で残尿感!
二人:わはははは!
菊地:そんなね、夜と朝の間に眠れぬ人たちのトラウマを掘り起こし、そしてジャズでその傷をふさいでいく
大谷:J-POPでバックリとスリットをつくり、ジャズで憂鬱をなすりつける
菊地:そうですね。傷口に直接蜂蜜をなすりつける、スイート&スリット!の
二人:(笑)
菊地:ホントにさ、何か単なる企画会議みたいだな、この喋り
大谷:(笑)
菊地:一つもさ、番組じゃない、企画会議だろお前らっていう
大谷:何の企画なんだ
菊地:しかもブリトニースピアーズ改めビヨンセノウルズですよ。すごい経歴ですよね
大谷:すごい経歴だ(笑)
菊地:ブリトニースピアーズ改めビヨンセノウルズ改め菊地成孔の。やっとこの番組始まってから初めて名前言いましたけどね、えぇ。あなたは?
大谷:ビクトリアベッカム改め大谷能生の
菊地:はい
大谷:改めじゃないな
菊地:改めじゃないね。ビクトリアベッカム・オペ
大谷:オペ(笑)
菊地:手術の大谷能生でお送りしております
大谷:主治医ね



ベッカムさんたちこんにちは。ビクトリアベッカムさんはやつれたマルシアですね

大谷:うはははは!
菊地:これ怒られるぞ
大谷:ひどいなぁ
菊地:ブラジル大使館から何かすごいものが飛んでくるよ
大谷:飛んでくるね
菊地:うん。マルシアってあれでしょ、大鶴義丹と結婚した人でしょ?
大谷:そうそう。離婚もしたけどね
菊地:もう別れたの?!
大谷:うん、別れた…え?もう正式…どうなのかな、分かんないすけどね。すごい大鶴義丹が泣きながらね、会見してね、「マルちゃんごめん!」とか言ってた。マルちゃんって誰だよ
菊地:マルちゃんって日本水産だろ、だって
二人:わはははは!
大谷:それマルハ?
菊地:やべぇよマルちゃんマルちゃんよ。大鶴義丹って最初から泣いてるよね
大谷:うん。顔が?
菊地:出てきた時から泣いててさ、真ん中も泣いてて最後も泣いてて泣きっ面の人ですよね。でもあの人唐十郎の息子でしょ
大谷:息子さんですね
菊地:すごいよね。唐十郎の息子が大鶴義丹でしょ、赤テント。で黒テント佐藤誠の息子が、僕の生徒なんですよ
大谷:わはははは!
菊地:サックス習ってんの。「佐藤君って、お父さんひょっとして佐藤誠?」…佐高か?あ、違う違うそれは佐高信だ
大谷:(笑)
菊地:まぁいいや。何で日本の70年代左翼の話をしなきゃいけないのか
大谷:川上の青バット
菊地:にゃはははは!何だっけ?大下の黒バット?
大谷:そして菊地の
菊地:黄金バット




菊地:えーとね、今日、旅がテーマなんですけどね、だんだん花粉症がもうね、放送に耐えられないほどになってきました(笑)
大谷:まださ、ラジオのスタジオは防音空調がすっきりしてますね
菊地:旅…最近は大谷君はどっかいきましたか?
大谷:いやぁー、横浜からここに来るだけでも精一杯みたいな感じ
菊地:そうね(笑)インターネットがさ、あの…何ていうの?(スン)人類の…あ、鼻すすっちゃった
大谷:わはははは!鼻かめ鼻
菊地:距離感をね、(ズズーッ)
大谷:はい、失礼しました
菊地:無くしたとか言うじゃない?
大谷:ビヨンセの鼻をかむ音ですね
菊地:すごい貴重ですね、ブリトニースピアーズの鼻かむ音、うん。エアチェックね
大谷:エアチェック!
菊地:これからはもうさ、この時間帯にインターネットに接続してサーフィンしてるやつの気が知れないよね
大谷:真夜中のサーフィン。これからはエアチェックでしょ
菊地:エアチェックでしょ。エアーだよね
大谷:空気をね、チェックしないと
菊地:そうそうそう。俺最初にね、インターネットが流行ったときに、『ネットサーフィン』っていう言葉がさ、さほどじゃない頃に、『サイトシーイング』って皆が言うんじゃないかなと思ってさ、「絶対サイトシーイングだぜ」って言ってたら、ネットサーフィン
大谷:ネットサーフィンで定着しちゃったね
菊地:サーフィンかよっていうさ。うん、懐かしいですよ
大谷:俺ね、ファミリーコンピュータが出てきたときに、ある学校のグループがね、それを『ファミリー』って略してて
菊地:ぷしゅ
大谷:(笑)ファミリーじゃねぇだろファミコンでしょって思ってたらやっぱり『ファミコン』になって、あいつらだっせーなって思ったことありますよ
菊地:ファミリーはやばいでしょだって
大谷:「ファミリーやりにくる?」って(笑)
菊地:今さ、あの…日本のミネラルウォーター噴いちゃったよ、森の水だより。床ビショビショにしちゃいましたよ
大谷:(笑)「うちファミリー買ったからさぁ」
菊地:わはははは!
大谷:何?って思ったよね
菊地:やばいよね、ファミリーってね
大谷:ファミリー買ったって、しかも家に
菊地:ね。イタリアの人じゃないですか
大谷:(笑)



この週はゲームやアニメの曲が多くランクインした週でした

大谷:今はゲームにも主題歌があると
菊地:知ってます
大谷:作ったりしますか?菊地さんは
菊地:えっとね、ゲームの主題歌はやってない。アニメのね…えっと、何だ、挿入歌は作ったことあるよ(笑)
大谷:挿入歌ね(笑)
菊地:『挿入』って部分に惹かれて仕事した
大谷:うはははは!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント